耳鼻咽喉科・アレルギー科 山本医院

寝屋川市打上元町の耳鼻咽喉科・アレルギー科・気管食道科

〒572-0858 大阪府寝屋川市打上元町18-10
TEL 072-825-8881

 


予約システム


※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  学会活動や研究業績について

学会活動や研究業績について

研究業績

I.著書
(欧文)

  1. An ultrastructural study on dendritic cells and macrophages in the human palatine tonsil. Progress in Lymphology-XII. Nishi M, Uchino S, Yabuki S. edited. (Okato S, Otsuki Y, Magari S, Yamamoto Y, Takahashi H.)   Elsevier Science Publishers B.V. 493-494, 1990

(和文)

  1. 扁桃肥大 -生理的および病的肥大いついて- (山本祐三、高橋宏明) 耳鼻咽喉科・頭頚部外科MOOK, No.3, 扁桃炎. 形浦昭克編 金原出版、68-88, 1986.
  2. 病理組織.  (山本祐三). 対策耳鼻咽喉科頭頚部外科、高橋宏明編、金芳堂、13-22, 1993
  3. 咽頭成形術により切除される組織の内容. (山本祐三).  睡眠時呼吸障害 -その診断と治療-. 高橋宏明編、金芳堂、267-270, 1993
  4. 口内炎. (山本祐三、牧本一男、山本隆一). 口腔咽頭の臨床、山本祐三、他編、医学書院、16-27, 1998
  5. Muco-cutaneo-ocular-syndrome. (山本祐三). 耳鼻咽喉科診療 Q&A 第2巻. 神崎 仁、他編、六法出版社、792-793, 1998
  6. 口内炎.(山本祐三, 牧本一男). 新 図説耳鼻咽喉科・頭頸部外科講座 第4巻, 口腔・咽頭・喉頭・気管・食道. 山下敏夫ほか編. 14-19. メジカルビュー社. 2000
  7. 難治性口腔咽頭潰瘍への対応. (山本祐三). すぐに役立つ外来耳鼻咽喉科疾患診療のコツ. 肥塚 泉編.263-266. 全日本病院出版会. 2008
  8. 口内炎.(山本祐三, 牧本一男). 口腔咽頭の臨床, 第2版. 日本口腔・咽頭科学会編. 26-31. 医学書院. 2009
  9. 診療所における頭頸部がんへの対応 -発見・検査・紹介・退院後経過観察-,口腔・中咽頭癌.(山本祐三, 牧本一男). ENT臨床フロンティア.がんを見逃さないために-頭頸部癌診療の最前線.岸本誠司編. 206-211. 中山書店. 2012
  10. 私が薦める治療法, 再発を繰り返すアフタ性口内炎. (山本祐三, 牧本一男). ENT臨床フロンティア. 口腔・咽頭疾患, 歯牙関連疾患を診る. 黒野祐一編. 77-83.中山書店. 2013
  11. 私が薦める治療法, 口腔粘膜にみられる諸種粘膜疾患.(牧本一男, 山本祐三).  ENT臨床フロンティア. 口腔・咽頭疾患, 歯牙関連疾患を診る. 黒野祐一編.  7-17. 中山書店. 2013
  12. ビタミン薬. (山本祐三). ENT臨床フロンティア. 耳鼻咽喉科 最新薬物療法マニュアル ―選び方・使い方―. 市村恵一編. 227-232. 中山書店. 2014.

II.原著論文
(欧文)

  1. An ultrastructural study on T-zone histiocytes in the human palatine tonsil. (Okato S, Magari S, Yamamoto Y, Takahashi H). J Clin Electron Microscopy 19: 653-654, 1986
  2. An immunoelectron microscopic study on T-zone histiocytes in the human palatine tonsil.  (Okato S, Magari S, Yamamoto Y, Takahashi H)J Clin Electron Microscopy 20: 493-494, 1987
  3. Distribution and morphology of macrophages in palatine tonsils. (Yamamoto Y, Okato S, Takahashi H, Takeda K, Magari S).Acta Otolaryngol (Suppl) 454: 83-95, 1988.
  4. An immuno-electron microscopic study on interactions among dendric cells, macrophages lymphocytes in the human palatine tonsil. (Okato S, Magari S, Yamamoto Y, Sakanaka M, Takahashi H).Arch Histol Cytol 52: 231-240, 1989.
  5. Cell kinetic study on experimental tongue carcinoma in rats. (Yamamoto Y, Makimoto K, Takahashi H).Acta Otolaryngol 110: 314-320, 1990.
  6. Comparative cytofluorometric DNA analysis of pleomorphic adenoma and adenoid cystic carcinoma of the salivary glands. (Saka T, Yamamoto Y, Takahashi H).Virchows Archiv (B) 61: 255-261, 1991.
  7. Function and morphology of macrophages in palatine tonsils. (Yamamoto Y, Okato S, Nishiyama M, Takahashi H).Adv Oto Rhino Laryngol 47: 107-113, 1992.
  8. Histological changes during progression of adenoid cystic carcinoma. (Yamamoto Y, Saka T, Makimoto K, Takahashi H).J Laryngol Otol 106: 1016-1020, 1992.
  9. Pathogenesis and clinical signs of carcinoma in pleomorphic adenoma. (Yamamoto Y, Saka T, Makimoto K, Takahashi H).Bulletin OMC 39: 83-91, 1993.
  10. Chemoprevention of tongue carcinogenesis in rats. (Inoue I, Yamamoto Y, Itoh T, Takahashi H).Oral Surg Oral Med Oral Pathol 76: 608-615, 1993.
  11. Estimation of proliferative activity of experimental tongue carcinoma in rats -Immunohistochemical and DNA cytofluorometric analysis-. (Itoh T, Yamamoto Y, Saka T, Inoue I, Takahashi H).Acta Otolaryngol 113: 568-574, 1993.
  12. Nucleolar organizer regions in tongue carcinomas induced in rats: comparison with DNA cytofluorometric analysis. (Yamamoto Y, Itoh T, Takahashi H).Acta Otolaryngol 114: 458-464, 1994.
  13. Assessment of bromodeoxyuridine-labeled S-phase cells in experimentally induced precancerous lesions in the rat's tongue. (Yamamoto Y, Itoh T, Takahashi H).Eur Arch Otorhinolaryngol 251: 160-164, 1994.
  14. Tracheo-esophageal shunt speech: report of an unusual case. (Sakakura A, Yamamoto Y, Imanaka M, Saka T, MakimotoK, Takahashi H).Auris Nasus Larynx 22: 200-204, 1995.
  15. Nucleolar organizer regions in adenoid cystic carcinoma of the salivary glands. (Yamamoto Y, Itoh T, Saka T, Takahashi H).Eur Arch Otorhinolaryngol 252: 176-180, 1995.
  16. Inhibitory effects  of selenium, vitamin A and butylated hydroxytoluene on in vitro growth of human tongue cancer cells.  (Inoue I, Yamamoto Y, Takasaki T, Takahashi H).Eur Arch Otorhinolaryngol 252:509-512, 1995.   
  17. Nucleolar organizer regions in glottic carcinomas: comparison of DNA cytofluorometry and clinicopathological analysis. (Yamamoto Y, Itoh T, Saka T, Sakakura A, Takahashi H). Eur Arch Otorhinolaryngol 252: 499-503, 1995.
  18. Polyploidization with tumor progression of experimental tongue carcinomas in rats - DNA-RNA cytophotometric analysis -. (Itoh T, Yamamoto Y, Takahashi H). Bulletin OMC 41:45-51, 1995.
  19. Expression of p34cdc-2 protein kinase and p53 in supraglottic carcinoma. (Yamamoto Y, Itoh T, Inoue I, Takahashi H).Auris Nasus Larynx 23: 105-110, 1996.
  20. Diagnostic and prognostic value of nucleolar organizer regions in squamous cell carcinomas of maxillary sinus. (Yamamoto Y, Imanaka M, Itoh T, Takahashi H).ORL 58: 93-98, 1996.
  21. Recurrent laryngeal papillomatosis developing into laryngeal carcinoma with human papilloma virus (HPV) type 8: a case report. (Sakakura A, Yamamoto Y, Takasaki T, Makimoto K, Nakamura M, Takahashi H).J Laryngol Otol 110: 75-77, 1996.
  22. Mutations associated with carcinomas arising from pleomorphic adenomas of the salivary glands. (Yamamoto Y, Kishimoto Y,Virmani AK,  Smith A, Vuitch F, Albores-Saavedra J, Gazdar AF).Hum Pathol 27:782-786, 1996.
  23. Loss of heterozygosity and microsatellite alterations in p53 and RB genes in adenoid cystic carcinoma of the salivary glands.(Yamamoto Y, Virmani AK, Wistuba II, McIntire D, Vuitch F, Albores-Saavedra J, Gazdar AF).Hum Pathol 27:1204-1210, 1996.
  24. Prognostic value of nucleolar organizer regions in supraglottic carcinoma. (Yamamoto Y, Itoh T, Saka T, Sakakura A, Takahashi H).Auris Nasus Larynx 24: 85-90, 1997.
  25. Clinical study of esophageal foreign bodies attributable to PTP material. (Sakakura A, Yamamoto Y, Terada M, Takenaka H, Ueda N, Furuya T).Auris Nasus Larynx 24: 411-416, 1997.
  26. Cytofluorometric DNA analysis by stathmokinetic method of experimental thyroid neoplasms in rats. (Imanaka M, Yamamoto Y, Okatoh F, Itoh T, Takahashi H).Pathol Int 48: 102-108, 1998.
  27. DNA analysis at p53 locus in carcinomas arising from pleomorphic adenomas of the salivary glands -Comparison of molecular study and p53 immunostaining-. (Yamamoto Y, Kishimoto Y, Wistuba II, Virmani AK,  Vuitch F, Gazdar AF, Albores-Saavedra J).Pathol Int 48: 265-272, 1998.
  28. DNA analysis at p53 locus in adenoid cystic carcinoma of the salivary glands -Comparison of molecular study and p53 immunostaining-. (Yamamoto Y, Wistuba II, Kishimoto Y,Virmani AK, Vuitch F, Albores-Saavedra J, Gazdar AF).Pathol Int 48: 273-280, 1998.
  29. Three-dimensional imaging of laryngeal cancer using high speed helical CT scan. (Sakakura A, Yamamoto Y, Uesugi Y, Nakai K, Takahashi H, Narabayashi I).ORL  60: 103-107, 1998.

(和文)

  1. 所謂バンチ病脾のリンパ装置の変化. (山本祐三、中田勝次).総合臨床  27:407-408, 1978
  2. 早期胃癌に対する術前化学療法の検討 -特に制癌剤による組織学的変性効果について-. (八木敦夫、北出文男、関本 巌、 岡田勝彦、革島康雄、寺西伸介、山田真一、桜本邦男、加藤佳典、岡島邦雄、大柴三郎、黒川彰夫、山本祐三).癌と化学療法 6:1049-1055, 1979
  3. 特発性門脈圧亢進症(いわゆるBanti病)における脾リンパ装置の態度. (山本祐三).日本網内系学会会誌  21:171-184, 1981
  4. 類洞性門脈圧亢進 -特発性門脈圧亢進症および肝硬変における類洞病変と門脈圧との関係-. (矢田博之、山本祐三、斎藤雅文、松本和基、高野 明、常田 実、内藤勝義、坂口嘉一、橋本和明、黒川彰夫、芝山雄老、中田勝次).大阪医科大学雑誌 40:259-265, 1981
  5. 口蓋扁桃乳頭状肥大症の病理学的免疫学的研究.(山本祐三、池田 朗、福瀬信也、坂倉 淳、中村 需、高橋宏明、武田一雄).日本扁桃誌 24:95-103, 1985
  6. 扁桃組織内T-zone組織球の分布様式と意義について. (山本祐三、岡東周一郎、和田公平、牧本一男、高橋宏明、武田一雄).日本扁桃誌 25: 127-138, 1986.
  7. 鼻咽頭壊疸性疾患5症例の検討. (山本祐三、東川雅彦、春山 隆、福瀬信也、本山壮一、坂倉 淳、牧本一男、高橋宏明).日本鼻科学会会誌 26:60-62, 1987
  8. 扁桃組織内T-zone組織球の分布様式と意義について -酵素抗体二重染色法による検索-. (山本祐三、岡東周一郎、牧本一男、高橋宏明、武田一雄).日本扁桃誌 26:126-129, 1987 
  9. 扁桃組織内T-zone組織球の光顕および電顕的観察. (岡東周一郎、山本祐三、高橋宏明、武田一雄).日本扁桃誌 26:39-45, 1987
  10. 癌浸潤のみられる下顎骨切除症例の検討  -術中迅速細胞診による試み-. (山本祐三、川上理郎、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 82:405-413, 1989
  11. 腺様嚢胞癌の増殖能に関する研究 -核DNA量解析による組織型別増殖能の比較-.  (坂 哲郎、山本祐三、高橋宏明).日本耳鼻咽喉科学会会報 93:931-937, 1990
  12. ヒト口蓋扁桃組織内のHLA-DR(Ia)抗原陽性細胞の免疫電顕的観察. (岡東周一郎、西山正信、山本祐三、高橋宏明).日本扁桃誌 30:46-50, 1991
  13. ウサギ口蓋扁桃における樹状細胞の電顕的観察. (西山正信、山本祐三、高橋宏明、岡東周一郎).日本扁桃誌 31:6-12, 1992
  14. 扁桃組織内単球-大食細胞系マクロファージと樹状細胞の形態と機能. (山本祐三、西山正信、高橋宏明、岡東周一郎).日本扁桃誌 31:158-163, 1992
  15. AgNORs染色法を用いた腺様嚢胞癌の組織型別増殖能に関する研究. (山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、高橋宏明).日本耳鼻咽喉科学会会報 96:409-414, 1993
  16. AgNORs染色と顕微蛍光核DNA定量を用いた甲状腺腫瘍増殖能の検討. (山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、牧本一男、高橋宏明).頭頚部腫瘍 19:285-288, 1993
  17. 実験的ラット舌乳頭腫におけるAgNORと顕微蛍光核DNA定量. (伊藤 尚、山本祐三、坂 哲郎、高橋宏明).癌と化学療法 20:839-841, 1993
  18. AgNORs染色と顕微蛍光核DNA定量を用いた喉頭癌の増殖能の検討. (山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、坂倉 淳、高橋宏明).喉頭 5:91-96, 1993
  19. 核DNA量解析による甲状腺乳頭癌の組織構築別増殖能の検討. (坂 哲郎、山本祐三、伊藤 尚、井上 功、今中政支、岡東史之、高橋宏明) 97:1034-1040, 1994
  20. 喉頭癌におけるp34cdc-2の発現に関する検討. (山本祐三、伊藤 尚、坂倉 淳、牧本一男、高橋宏明).頭頚部腫瘍 20:110-115, 1994
  21. 喉頭アレルギー症例の臨床的検討. (中井 健、坂倉 淳、岡東史之、岡東周一郎、山本祐三、高橋宏明、本山壮一).耳鼻と臨床 41:866-870, 1995
  22. 喉頭癌T3症例の治療と転帰の検討. (猪飼重雅、坂倉 淳、中井 健、寺田美保、山本祐三、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床、90:89-97, 1997
  23. 難治性口腔咽頭潰瘍の臨床病理学的検討. (山本祐三、牧本一男、竹中 洋).口腔・咽頭科、10:225-234、1998

III.症例報告
(和文)

  1. Vater乳頭に発生したカルチノイドの一例. (黒川彰夫、松本和基、高野 明、山本祐三、革島康雄、近森正幸、筧 絋一、増井義一). 大阪医科大学雑誌 36:70-73, 1977
  2. 亜急性肝壊死をおこして死亡した所謂Banti病の一例. (中田勝次、芝山雄老、高野 明、松本和基、山本祐三、原田佳昭 、山村勝三、八木敦夫). 肝臓 20:511-516,1979
  3. Shwartzman現象によると考えられる広範性肝壊死の一症例. (芝山雄老、中村積方、橋本和明、山本祐三、中田勝次、沼田正紀).肝臓 22:1000-1003,1981
  4. ADH産生肺癌 -腫瘍細胞の電顕的・内分泌学的検索-. (高野 明、松本和基、山本祐三、斎藤雅文、黒川彰夫、芝山雄老、中田勝次、出口寛文、鷹津 正).大阪医科大学雑誌 40:307-316, 1981
  5. アミロイド症を伴ったマクログロブリン血症の一剖検例. (山本祐三、芝山雄老,  黒川彰夫、高野 明、松本和基、内藤勝義、八木敦夫、山村勝三、荒木恒治、山本克夫).日本網内系学会会誌 21:319-326, 1982
  6. 悪性変化した巨大な耳下腺由来混合腫瘍の一例 . (山本祐三、宮宗 彰、和田公平、高橋宏明、武田一雄).耳鼻咽喉科臨床 78:533-538, 1985
  7. 右頬部に原発した悪性血管内皮腫の一症例. (山本祐三、高崎智彦、柴田伊十児、高橋宏明、武田一雄).耳鼻咽喉科臨床 78:669-674, 1985.
  8. 悪性変化した耳下腺由来良性混合腫瘍の2症例 -腫瘍病因論の立場から- .(山本祐三、川上理郎、坂 哲郎、岡東周一郎、和田公平、 牧本一男、高橋宏明). 耳鼻咽喉科・頭頚部外科 60:131-137,1988
  9. 耳下腺深葉脂肪腫の一症例.(中島 徹、上杉康夫、永田誠治、山本祐三、牧本一男、高橋宏明、福瀬信也).耳鼻咽喉科臨床 81:229-233,1988
  10. 鼻腔内へ進展した嗅脳溝髄膜腫の一症例. (坂倉 淳、山本祐三、高橋宏明、麻田保英、三野章呉).耳鼻咽喉科・頭頚部外科 61:121-124, 1989
  11. 再発する咽頭潰瘍の4症例.(福瀬信也、牧本一男、野井 理、大森研史、山本祐三、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 82:843-850,1989
  12. 声帯に発生した尋常性疣贅 -human papillomavirusの免疫組織化学的検索-. (山本祐三、川上友美、坂 哲郎、中島 徹、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科・頭頚部外科 62:331-335,1990
  13. 閉経後退縮傾向を示したextra-abdominal desmoid tumorの一例.(和田公平、山本祐三、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科・頭頚部外科 62:411-414,1990
  14. 上顎転移をみた肝細胞癌例.(福瀬信也、牧本一男、柴田伊十児、山本祐三、高橋宏明、芝山雄老).耳鼻咽喉科臨床 83:755-760,1990
  15. 胃悪性リンパ腫に続発した扁桃悪性リンパ腫の一症例. (山本祐三、岡東周一郎、杉田邦洋、牧本一男、高橋宏明).日本扁桃誌 29:151-155, 1990
  16. 下顎骨に発生した骨肉腫症例.   (井上 功、 西山正信、宇野 功、山本祐三、高橋宏明、西本雅彦).耳鼻咽喉科臨床 83:1235-1241,1990
  17. Kartagener症候群の一症例 -アデノイド繊毛上皮の電顕的観察-. (西山正信、岡東周一郎、山本祐三、高橋宏明). 日本扁桃誌 30:139-145,1991
  18. 鼻腔原発平滑筋腫症例. (坂 哲郎、東川雅彦、中村 需、山本祐三、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 84:1729-1734, 1991
  19. 巨大な鼻腔線維腫症例. (大日向由光、藤原裕樹、本山壮一、山本祐三、牧本一男).耳鼻咽喉科臨床 85:1057-1063,1992
  20. 口腔底に発生した神経鞘腫例. (大木孝一、高崎智彦、岡東周一郎、山本祐三、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 85:1943-1947, 1992
  21. 上咽頭血管線維腫例 -Le Fort I osteotomy-. (林 伊吹、坂倉 淳、山本祐三、牧本一男、高橋宏明、田嶋定夫、山田恭造). 耳鼻咽喉科臨床 85: 581-587, 1992
  22. 外科的治療を行なった腎性上皮小体機能亢進症の2例. (大日向由光、牧本一男、藤原裕樹、本山壮一、山本祐三).頭頚部腫瘍 19:277-280,1993
  23. 中耳腺腫の一例. (林 伊吹、牧本一男、奥村雅史、山本祐三、高橋宏明).日本耳鼻咽喉科学会会報 96:2073-2079, 1993
  24. 頭頚部放線菌症の2例. (大木孝一、和田公平、山本祐三、牧本一男、高橋宏明). 耳鼻咽喉科臨床 86:1757-1762, 1993
  25. 嚢胞化した上皮小体腺腫症例.(大日向由光、牧本一男、藤原裕樹、本山壮一、山本祐三).耳鼻咽喉科臨床 87:531-539,1994
  26. 嗅神経芽細胞腫. (内海真木男、井上 功、岡東周一郎、山本祐三、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 87:1665-1670, 1994
  27. 気管原発神経鞘腫例.(大木孝一、柴田伊十児、山本祐三、牧本一男、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 87:825-830, 1994
  28. 骨形成を伴った上顎洞嚢胞例. (林 伊吹、福瀬信也、山本祐三、牧本一男、高橋宏明). 耳鼻咽喉科臨床 87:1095-1099, 1994
  29. 副咽頭間隙に発生した多形腺腫内癌腫の一例. (萩森伸一、荒木倫利、大日向由光、川上理郎、山本祐三、牧本一男).口腔・咽頭科 6:129-136, 1994
  30. 薬剤吸入が誘因と考えられる喉頭肉芽腫症例. (岡本茉莉子、東川雅彦、山本祐三、牧本一男、高橋宏明). 喉頭 7:78-81, 1995
  31. 上咽頭平滑筋肉腫例. (今中政支、山本祐三、貞岡達也、岡東周一郎、竹中 洋). 耳鼻咽喉科臨床 90:913-917, 1997
  32. 上顎洞結核例. (今中政支、山本祐三、竹中 洋). 耳鼻咽喉科臨床 91: 1237-1241, 1998
  33. 第一鰓裂性瘻孔の1症例.(桜井幹士、今中政支 、愛宕利英、山本祐三、竹中洋).耳喉頭頸 70:710-711, 1998

IV.総説その他
総説
(和文)

  1. 研修ノート: 多形腺腫と腺様嚢胞癌.(山本祐三).耳鼻咽喉科臨床 83:682-683, 1990
  2. 鼻腔通気度検査の実際と評価.(山本祐三).大阪耳鼻咽喉科会報 34:27-35, 1990
  3. 腺様嚢胞癌の基礎と臨床.(山本祐三、坂 哲郎、高橋宏明).耳鼻咽喉科臨床 84:1153-1166, 1991
  4. 扁桃の血管.(山本祐三).日本耳鼻咽喉科学会会報 94:876-879, 1991
  5. リンパ節穿刺吸引細胞診および生検.(山本祐三).JOHNS 10:625-632, 1994
  6. 扁桃の加齡変化. (岡東周一郎、山本祐三、高橋宏明).JOHNS 12:895-898, 1996
  7. カラー図説: 上顎洞血瘤腫臨床像.(竹中洋、山本祐三、大城康司).耳鼻臨床 91: 772-773, 1998
  8. 口内炎・難治性口腔咽頭潰瘍.(山本祐三, 牧本一男). MB ENT 32: 1-6, 2003
  9. 難治性口腔咽頭潰瘍.(山本祐三, 牧本一男). JOHNS 21:1347-1350, 2005
  10. 口内炎.(山本祐三).耳喉頭頸 77:949-952, 2005
  11. 口腔咽頭潰瘍.(山本祐三). 口咽科 19:153-159, 2007
  12. 口臭の原因としての口腔・咽頭疾患 –舌, 腫瘍をふくめて, 口腔咽頭疾患を原因とした口臭について-.(山本祐三, 牧本一男). MB ENT 108:23-27, 2009
  13. 口腔・中咽頭癌. 頭頸部癌診療のABC -診療所における基本戦略-. ( 山本祐三、牧本一男). MB ENT 116:22-27, 2010
  14. ストレスと耳鼻咽喉科疾患, ストレスと口腔乾燥感. (山本祐三). MB ENT 121:24-48, 2010
  15. 急性喉頭蓋炎患者に閉塞症状が出ている. (山本祐三) JOHNS 30:1289-1291,2014
  16. 舌痛症. (山本祐三) JOHNS 31:523-528, 2015

その他
(欧文)

  1. Morphology and function of macrophages in the tonsil. (Yamamoto Y, Okato S, Takahashi H, Takeda K).International Symposium on tonsil. Procedings 52-54, 1987
  2. Function and morphology of macrophages and dendritic cells in palatine tonsils. (Yamamoto Y, Okato S, Nishiyama M, Takahashi H).2nd International Symposium on tonsils, Procedings 51-53, 1991

(和文)

  1. バンチ脾のリンパ濾胞 -特にT・Bリンパ球の消長について- .(中田勝次、山本祐三).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和52年度研究報告書 54-56, 1978
  2. 亜急性肝壊死をおこして死亡した所謂Banti病の一剖検例. (中田勝次、芝山雄老、黒川彰夫、高野 明、松本和基、山本祐三).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和53年度研究報告書 23ー26, 1979
  3. 所謂バンチ病肝のグリソン鞘に見出される肉芽性病変およびその瘢痕化. (中田勝次、芝山雄老、山本祐三).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和54年度研究報告書 63-67, 1980
  4. 所謂Banti病脾リンパ装置の赤血球ロゼット形成試験. (山本祐三、中田勝次).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和54年度研究報告書 97-103, 1980
  5. 門脈枝栓塞による肝の血行障害と血行路再建に関する実験的研究 -特発性門脈圧亢進症における門脈枝閉塞および異常血行路の意義に関する考察の一助として-.(芝山雄老、松本和基、斎藤雅文、坂口嘉一、橋本和明、中村積方、山本祐三、中田勝次).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和55年度研究報告書 66-77, 1981
  6. 特発性門脈圧亢進症の病因論. (中田勝次、山本祐三、芝山雄老).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和55年度研究報告書 40-45, 1981
  7. いわゆるバンチ病脾におけるリンパ装置の態度 -T・Bリンパ球の消長および肝のリンパ球浸潤との関連について- .(山本祐三、内藤勝義、中田勝次).厚生省特定疾患特発性門脈圧亢進症調査研究班昭和55年度研究報告書 120-126, 1981                            
  8. 抗アレルギー薬Traxanox(Y-12141)の通年性鼻アレルギーに対する臨床的検討 -多施設二重盲検法によるTranilastとの比較試験-. (奥田 稔、仲田菊乃、海野徳二、金井直樹、形浦昭克、朝倉光司、小崎秀夫、高坂知節、石垣元章、戸川 清、寺田修久、石川和光、古内一郎、王 主栄、藤,田洋祐、小関洋男、片桐仁一、斎藤成司、小川浩司、小松崎 篤、山本昌彦、水吉陽子、斎藤洋三、石井哲夫、石井純子、鍋島みどり、野沢恵子、村上嘉彦、久松健一、田口喜一郎、伊藤和也、矢島 洋、平良晋一、岩田重信、内藤雅夫、大岡英太郎、小山恵三、坂倉康夫、鵜飼幸太郎、原田 泉、松永 享、酒井国男、荻野 敏、入船盛弘、中井義明、古下博之、高橋宏明、山本祐三、井上 功、生駒尚秋、鈴木健男、原田康夫、平川勝洋、関谷 透、沖中芳彦、今手祐二、植木篤雄、清水敏昭、大上研二、上村卓也、宗 信夫、家守千鶴子、曾田豊二、小川雄司、吉峰晃一、茂木五郎、友永和宏、石川 哮、北尾友幸、大山 勝、島 哲也、廣田常治、深水浩三、鶴丸浩士、小川暢也、宮本昭正).耳鼻咽喉科展望 31:175-208, 1988
  9. Ketotifen点鼻液のアレルギー性鼻炎に対する臨床的検討 -鼻誘発試験による作用持続時間の検討-. (奥田 稔、寺山吉彦、 間口四郎、古内一郎、王 主栄、佐々木好久、井上鐵三、飯塚啓介、藤田洋祐、片桐仁一、小関洋男、山越隆行、大塚博邦、臼井信郎、瀧島規子、斎藤洋三、遠藤朝彦、若盛和雄、小川浩司、小山英明、調所廣之、三宅浩郷、野村公寿、河合純一郎、久松健一、岸保鉄也、岩田重信、内藤雅夫、坂倉康夫、鵜飼幸太郎、水越鉄理、大橋直樹、斎藤 等、坪川俊仁、高橋宏明、山本祐三、熊沢忠躬、木下卓也、石川 哮、増山敬祐、石岡忠夫).耳鼻咽喉科展望 32:395-406, 1989
  10. 鼻アレルギーに対するアゼラスチンの効果. (山本祐三、高橋宏明、牧本一男、岡東周一郎、伊藤 尚、井上 功、宮竹 昭、藤沢俊二、和田公平、井上克彦、池田 朗、福瀬信也、永田誠治、川上友美、坂 哲郎、野井 理、清川裕美). 耳鼻咽喉科臨床 86:427-437, 1993
  11. 鼻アレルギ一に対する Ketotifen点鼻薬の効果. (井上 功、山本祐三、武嶋寛剛、中小路澄子、貞岡達也、坂 哲郎、垣鍔典也、坂倉 淳、牧本一男、高橋宏明、和田公平、大森研史、林 伊吹、藤田隆夫、渡辺猛世、藤沢俊二、宇野 功、野中隆三郎).耳鼻咽喉科臨床 87:985-995, 1994
  12. カラ一図説:多形腺腫内癌腫の臨床と組織像. (山本祐三).耳鼻咽喉科臨床 87:1320-1321, 1994
  13. スパルフロキサシンの鼻茸組織内移行と副鼻腔炎に対する有効性. (今中政支、山本祐三、坂倉 淳、垣鍔典也、東川雅彦、塙 力哉、中井 健、藤原裕樹、牧本一男、高橋宏明).耳鼻と臨床 43:66-70,1997  
  14. 口腔咽頭の炎症性潰瘍疾患にコルヒチン. (山本祐三) JOHNS 30:1064-1066, 2014

V.学会発表 
「国際学会」
シンポジウム

  1. Morphology and function of macrophages in the tonsil. Yamamoto Y, Okato S, Takahashi H, Takeda K.1st International Symposium on tonsils, 1987 (Kyoto, Japan)
  2. Function and morphology of macrophages and dendritic cells in palatine tonsils. Yamamoto Y, Okato S, Nishiyama M, Takahashi H.2nd International Symposium on Tonsils, 1991 (Pavia, Italy)

一般講演

  1. Cell kinetic study on experimental carcinoma in rats. Yamamoto Y, Itoh T, Makimoto K, Takahashi H. 7th Asia-Oceania Congress of Otorhinolaryngological Societies, 1991
  2. Cell kinetic study on experimental carcinoma in rat by cytofluorometry. Itoh T, Yamamoto Y, Takahashi H.7th Asia-Oceania Congress of Otorhinolaryngological Societies, 1991
  3. Experimental study of chemoprevention. Inoue I, Takasaki T, Sugita K, Yamamoto Y, Takahashi H.7th Asia-Oceania Congress of Otorhinolaryngological Societies, 1991  
  4. Expression of p34cdc-2 protein kinase and p53 in supraglottic carcinomas. Yamamoto Y, Itoh T, Inoue I, Sakakura A, Takahashi H.The Eighth International Conference of the International Society of Differentiation (ISD), 1994
  5. Cytofluorometric DNA analysis of experimental thyroid neoplasms in rats by stathmokinetic method. Imanaka M, Yamamoto Y, Okato F, Itoh T, Takahashi H. The Eighth International Conference of the International Society of Differentiation (ISD), 1994
  6. Cytofluorometric DNA analysis of experimental tongue carcinomas in rats by stathmokinetic method. Okato F, Yamamoto Y, Imanaka M, Itoh T, Takahashi H. The Eighth International Conference of the International Society of Differentiation (ISD), 1994

 
「国内学会」
シンポジウム

  1. 扁桃組織内単球-大食細胞系マクロファージと樹状細胞の形態と機能. 山本祐三、岡東周一郎、西山正信、高橋宏明.第31回日本扁桃研究会、シンポジウム. 1991
  2. 喉頭の免疫担当細胞 -特にマクロファージ、樹状細胞および肥満細胞について-. 山本祐三、岡東周一郎、坂倉 淳、高橋宏明.第4回日本喉頭科学会、シンポジウム. 1992
  3. 核DNA解析からみた情報 -AgNOR染色法と顕微蛍光核DNA定量を用いた喉頭癌の増殖能の検討- .山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、坂倉 淳、高橋宏明.第5回日本喉頭科学会、シンポジウム. 1993
  4. 難治性口腔咽頭潰瘍の病因に関する検討. 山本祐三、牧本一男、竹中 洋.第10回日本口腔・咽頭科学会、シンポジウム. 1997  
  5. 診療所における口腔咽頭疾患への対応. 口腔咽頭潰瘍. 山本祐三. 第19回 日本口腔・咽頭科学会、シンポジウム. 2006

ワークショップ

  1. 唾液腺由来悪性腫瘍の遺伝子異常に関する研究. 山本祐三、牧本一男、竹中 洋.第22回頭頚部腫瘍学会総会、1998

推薦講演

  1. 腺様嚢胞癌の遺伝子異常に関する分子生物学的研究. 山本祐三.第97回日本耳鼻咽喉科学会総会、1996
招待特別講演 
  1. 耳鼻咽喉科疾患を原因とした口臭.山本祐三.第1回日本口臭学会,2010

一般講演

  1. 扁桃組織内マクロファージの免疫組織化学的観察.山本祐三、岡東周一郎.第78回日本病理学会、1989
  2. 多形腺腫と腺様嚢胞癌の組織細胞化学的検討.坂 哲郎、山本祐三.第78回日本病理学会、1989
  3. 実験的ラット舌癌の形成と細胞動態に関する研究 第1報 -BrdU Labeling Indexと核DNA量解析の比較-.伊藤 尚、坂 哲朗、山本祐三、高橋宏明.第90回日本耳鼻咽喉科学会、1989
  4. 実験的ラット舌癌の血管像に関する研究.山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第90回日本耳鼻咽喉科学会、1989
  5. 多形腺腫の組織型別核DNA量の検討-腺様嚢胞癌との比較-.坂 哲郎、山本祐三、高橋宏明.第90回日本耳鼻咽喉科学会、1989
  6. 腺様嚢胞癌の病理組織学的検討-画像解析装置を用いた組織型別量的測定-.山本祐三、坂哲郎、牧本一男、高橋宏明.第13回日本頭頸部腫瘍学会、1989
  7. 上顎転移をみた肝細胞癌の1例.福瀬信也、柴田伊十児、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第13回日本頭頸部腫瘍学会、1989
  8. 甲状腺腫診断の現況と2,3の問題.牧本一男、山本祐三、本山壮一、坂倉 淳、上杉康夫、東川雅彦、高橋宏明.第13回日本頭頸部腫瘍学会、1989
  9. 腺様嚢胞癌の病理組織学的検討.山本祐三.第79回日本病理学会、1990
  10. 頭頸部原発非ホジキンリンパ腫の臨床病理学的研究山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第91回日本耳鼻咽喉科学会、1990
  11. 実験的舌癌の形成と細胞動態に関する研究  -BrdU Labeling Indexと核DNA量解析の比較-.伊藤 尚、井上 功、坂 哲朗、山本祐三、高橋宏明.第91回日本耳鼻咽喉科学会、1990
  12. 実験的ラット舌癌に対する癌化学予防剤の基礎的研究.井上 功、伊藤 尚、山本祐三、高橋宏明.第91回日本耳鼻咽喉科学会、1990
  13. Werner症候群の喉頭所見および音声.中井 健、池田 朗、坂倉 淳、奥村雅史、山本祐三、高橋宏明.第2回日本喉頭科学会、1990
  14. ヒト口蓋扁桃におけるHLA-DR抗原(Ia抗原)陽性細胞の免疫電顕的観察.岡東周一郎、山本祐三、高橋宏明、大槻勝紀、鈎スミ子.第14回日本リンパ学会、1990
  15. 上咽頭血管線維腫に対するLe Fort 1 osteotomyの応用.林 伊吹、坂倉 淳、山本祐三、牧本一男、高橋宏明, 田嶋定夫、山田恭造.第14回日本頭頸部腫瘍学会、1990
  16. 甲状腺腫瘍の病理組織学的検討.山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、牧本一男、高橋宏明.第14回日本頭頸部腫瘍学会、1990
  17. 口腔底部に発生した神経鞘腫の1症例.大木孝一、高崎智彦、岡東周一郎、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第52回耳鼻咽喉科臨床学会、1990
  18. 実験的ラット舌前癌病変の形成と細胞動態に関する研究. 山本祐三、伊藤 尚、牧本一男、高橋宏明.第92回日本耳鼻咽喉科学会総会、1991
  19. 上顎癌由来細胞に対する化学予防剤の影響. 井上 功、山本祐三、伊藤 尚、高崎智彦、杉田邦洋、高橋宏明.第92回日本耳鼻咽喉科学会総会、1991 
  20. 実験的ラット舌癌の形成と細胞動態に関する研究 -核DNA-RNA量解析とBrdU Labeling Indexの比較-.伊藤 尚、山本祐三、坂 哲郎、高橋宏明.第92回日本耳鼻咽喉科学会総会、1991
  21. 核DNA量解析における甲状腺乳頭癌の組織構築別増殖能の検討. 坂 哲郎、山本祐三、伊藤 尚、牧本一男、高橋宏明.第92回日本耳鼻咽喉科学会総会、1991
  22. AgNOR染色を用いた腺様嚢胞癌の増殖能に関する研究. 山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、牧本一男、高橋宏明.第93回日本耳鼻咽喉科学会総会、1992
  23. ラット実験的舌癌におけるAg-NORと顕微蛍光核DNA定量の比較検討. 伊藤 尚、山本祐三、高橋宏明.第93回日本耳鼻咽喉科学会総会、1992
  24. 抗PCNA抗体による腺様嚢胞癌の組織型別増殖能の比較検討. 坂 哲郎、山本祐三、高橋宏明.第93回日本耳鼻咽喉科学会総会、1992
  25. 舌癌由来樹立細胞株に対する化学予防剤の影響. 井上 功、山本祐三、高崎智彦、高橋宏明.第93回日本耳鼻咽喉科学会総会、1992
  26. AgNORs染色と顕微蛍光核DNA定量を用いた甲状腺腫瘍増殖能の検討. 山本祐三、伊藤 尚、坂 哲郎、牧本一男、高橋宏明.第16回日本頭頚部腫瘍学会総会、1992
  27. 外科的治療を行なった腎性上皮小体機能亢進症の2例. 大日向由光、藤原裕樹、本山壮一、山本祐三、牧本一男.第16回日本頭頚部腫瘍学会総会、1992
  28. 喉頭カルチノイド腫瘍の一症例. 内海真木男、垣鍔典也、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第5回日本喉頭科学会、1993
  29. AgNOR染色を用いた上顎癌の増殖能に関する研究. 山本祐三、今中政支、牧本一男、高橋宏明.第94回日本耳鼻咽喉科学会総会、1993
  30. AgNOR染色を用いた多形腺腫内癌腫の増殖能に関する検討. 伊藤 尚、山本祐三、坂 哲郎、高橋宏明.第94回日本耳鼻咽喉科学会総会、1993
  31. 喉頭癌におけるp34cdcー2の発現に関する検討. 山本祐三、伊藤 尚、牧本一男、高橋宏明.第17回日本頭頚部腫瘍学会. 1993
  32. 頭頚部扁平上皮癌進行例に対するCBDCA+5FU療法について. 津留直子、田中 斎、東川雅彦、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第17回日本頭頚部腫瘍学会. 1993
  33. 副咽頭間隙に発生した巨大な多形腺腫内癌腫の一例. 萩森伸一、荒木倫利、大日向由光、川上理郎、山本祐三、牧本一男.第6回日本口腔・咽頭科学会、1993
  34. 喉頭癌の臨床統計 -過去15年間の症例分析- .猪飼重雅、坂倉 淳、中井 健、寺田美保、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第6回日本喉頭科学会、1994
  35. 薬剤吸入が誘因と考えられる喉頭肉芽腫症例. 岡本茉莉子、東川雅彦、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第6回日本喉頭科学会、1994
  36. 実験的ラット舌前癌病変の形成と細胞動態に関する研究 -Stathmokinetic method を用いた核DNA量解析-. 山本祐三、岡東史之、今中政支、伊藤 尚、高橋宏明.第95回日本耳鼻咽喉科学会総会、1994
  37. 実験的ラット甲状腺腫瘍の形成と細胞動態に関する研究 -第1報- .今中政支、山本祐三、岡東史之、伊藤 尚、高橋宏明.第95回日本耳鼻咽喉科学会総会、1994
  38. 実験的ラット舌癌の形成と細胞動態に関する研究 -Stathmokinetic methodを用いた核DNA量解析、第2報-. 岡東史之、山本祐三、今中政支、高橋宏明、伊藤 尚.第95回日本耳鼻咽喉科学会総会、1994
  39. 喉頭癌の臨床統計 -T1、T2症例の治療内容の検討- .小西美保、坂倉 淳、中井 健、猪飼重雅、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第95回日本耳鼻咽喉科学会総会、1994
  40. 喉頭乳頭腫の経過観察中に発生した喉頭癌とHPV(18型). 坂倉 淳、高崎智彦、中村雅宏、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第95回日本耳鼻咽喉科学会総会、1994
  41. 喉頭癌の臨床統計 -T3症例の治療の治療内容とその予後に関する検討- .猪飼重雅、坂倉 淳、中井 健、寺田美保、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第46回日本気管食道科学会、1994
  42. 咽喉頭異常感症に対する甲状腺超音波検査および超音波ガイド下穿刺吸引細胞診の有用性. 中井 健、坂倉 淳、久保井敬之、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第46回日本気管食道科学会、1994
  43. 実験的ラット甲状腺腫瘍の形成と細胞動態に関する研究 -第2報-. 今中政支、山本祐三、岡東史之、伊藤 尚、高橋宏明.第96回日本耳鼻咽喉科学会総会、1995
  44. 実験的ラット舌癌の形成と細胞動態に関する研究 -Stathmokinetic methodを用いた核DNA量解析、第2報-. 岡東史之、山本祐三、今中政支、高橋宏明、伊藤 尚.第96回日本耳鼻咽喉科学会総会、1995
  45. 喉頭癌T2における再発症例の検討. 猪飼重雅、坂倉 淳、中井 健、寺田美保、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第96回日本耳鼻咽喉科学会総会、1995
  46. 喉頭・気管に発生したアミロイドーシスの一症例. 岡東史之、中井 健、坂倉 淳、山本祐三、牧本一男、高橋宏明.第8回日本喉頭科学会、1996
  47. 唾液腺由来腺様嚢胞癌のp53 locusでのDNA解析 -分子生物学的手法と免疫染色法との比較-. 山本祐三、竹中 洋.第9回日本口腔・咽頭科学会、1996
  48. 上咽頭平滑筋肉腫の1症例. 今中政支、貞岡達也、山本祐三、岡東周一朗、竹中 洋.第9回日本口腔・咽頭科学会、1996
  49. 口腔前庭に転移を認めた直腸癌の1例. 金井隆一、中村 需、朝子幹也、山本祐三.第9回日本口腔・咽頭科学会、1996
  50. 唾液腺由来多形腺腫内癌の遺伝子異常に関する分子生物学的研究. 山本祐三、牧本一男、竹中 洋.第98回日本耳鼻咽喉科学会総会、1997
  51. 声帯病変におけるストロボスコピー所見と病理組織学的所見の比較検討. 坂倉 淳、山本祐三、竹中 洋.第98回日本耳鼻咽喉科学会総会、1997
  52. 唾液腺由来多形腺腫内癌のp53 locusでのDNA解析 -分子生物学的手法と免疫染色との比較-. 山本祐三、牧本一男、竹中 洋.第99回日本耳鼻咽喉科学会総会、1998
  53. 喉頭ストロボスコピーと声帯の病理組織学的所見. 坂倉 淳、山本祐三、林 伊吹、中井 健、竹中 洋.第99回日本耳鼻咽喉科学会総会、1998
  54. 口腔咽頭の炎症性潰瘍疾患に対するコルヒチン内服の検討. 山本祐三. 第27回 日本口腔・咽頭科学会総会、2014
  55. 口腔咽頭の炎症性潰瘍疾患に対するコルヒチン内服の検討 -有効症例、難治症例の比較-.山本祐三. 第28回 日本口腔・咽頭科学会総会、2015